還暦のお祝い

60歳を祝う還暦。
その正しい意味を知っていますか?
還暦は暦が還るという意味を持っています。
60年で干支が一回りするという考え方なんですね。
干支は12年で一回りと考える人もいるでしょうが、干支とはもともと「十干十二支(じゅっかんじゅうにし)」の略。
つまり十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)と十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)を合わせたものなんです。
これがちょうどぐるっと回ってスタート地点に戻るのが還暦というわけ。
厳密に言うと、満60歳の誕生日ではなく、満60歳になる年の1月1日に還暦を迎えることになります。
ですが、最近では満60歳の誕生日前後に還暦を祝うことが多いので、あまり気にしなくてもかまいません。
暦が還ってめでたい、というのもなんだかよくわからない理屈ですが、人を祝うのに理由なんていらないですよね。
大切な人が還暦を迎えた、60歳まで元気でいてくれた、それだけで嬉しいものです。
さて、還暦のお祝いは赤いちゃんちゃんこや帽子、座布団など、赤い物を贈るのが習慣とされています。
これは赤が魔除けの色であることと、暦が還って“赤”ちゃんに戻るという意味もあるようです。
西洋では日本の還暦にあたる習慣はありませんが、なにかの60周年には盛大にお祝いをする風習があるとか。
19世紀のイギリスの女王、ヴィクトリアの在位60周年は国全体がお祝いムードにつつまれ、それは華やかだったといわれています。

関連サイト・お役立ちサイト紹介

借金返済の電話相談
借金が返せずに弱っている人、一人で悩んでないで、今すぐ電話で無料相談してはいかがでしょうか?司法書士・弁護士に、借金を返済する手助けをしてもらいましょう。

関連リンク&お役立ちリンクです。

電話ですぐに借金返済相談ができるところ
借金が返せずに弱っている人、一人で悩んでないで、今すぐ電話で無料相談してはいかがでしょうか?司法書士・弁護士に、借金を返済する手助けをしてもらいましょう。